ロコモコ

ハワイ料理として本場で試したい、おすすめのロコフード

はじめに

ハワイは移民が多い国として有名です。

そのためハワイ料理は、その人々の食文化の影響が大きく、国際色豊かなのが特徴です。

アメリカ、ポルトガル、日本、フィリピン、中国などの移民がもたらした、各国の食文化とハワイの食材が融合して定着していったハワイ料理はロコフードと呼ばれ、現在のハワイの人々の食卓で親しまれている味です。

今回はハワイに行ったら絶対に本場の味を試したい、おすすめのロコフードをご紹介します。

ロコモコ

まずは日本でも馴染深いロコフードの、ロコモコです。

ご飯の上にデミグラスソースたっぷりのハンバーグをのせ、その上に半熟の玉子焼きをのせたロコフードで、家庭でも作りやすいメニューです。

本場の味も、ぜひチェックしたいものですね。

スパムむすび

同じご飯料理で日本のおにぎりが由来になっているのが、スパムむすびです。

形状はお寿司のようなスタイルで、握った温かいご飯の上に甘辛味で焼いたスパムをのせた料理です。

海苔をグルッと帯状に巻いて仕上げます。

魚料理

魚介類が豊富にとれるハワイでは、新鮮な魚を使ったロコフードもあります。

中でも人気なのが、シュリンプ料理です。

にんにくで炒めた料理がガーリックシュリンプで、ビールのおつまみや、各種の料理の添え物としてのせられています。

そしてもうひとつ魚料理で人気と言えば、ロ三ロ三です。

サーモンなどの新鮮な生魚を細かく刻んで、刻みたまねぎやトマトを混ぜ込んだ料理です。

肉料理

一方肉料理では、アメリカテイストのボリューム満点のリブアイステーキがおすすめです。

ガッツリ系のロコフードとして、こちらも食べておきたいハワイ料理です。

またモチコチキンは、もち米の粉をまぶして揚げたチキン料理で、唐揚げとしておつまみにおすすめです。

パンケーキ

最後にデザート系で有名なロコフードと言えば、パンケーキですよね。

ハワイの朝食にもピッタリです。

生クリームたっぷりのパンケーキやナッツ入りのパンケーキなど、バリエーションも豊富です。

まとめ

以上が、おすすめのロコフードです。

日本由来のモノも多く、観光で訪れても食べやすい料理ばかりです。

旅行の際には、ハワイ料理の中でも馴染みやすいロコフードをぜひ試してみてください。

関連記事

  1. ハワイのローカル料理として大人気のロコモコについて!
  2. ハワイおすすめのロコ料理
  3. ハワイのローカル料理『ロコモコ』の作り方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

PAGE TOP