マラサダ

ハワイの食生活とローカル料理

はじめに

ロコ料理とは、ハワイのローカル料理のことです。

その成立の背景には、アメリカや日本の他、様々な国の移民の食文化の影響があり、家庭やレストランで供されています。

ハワイの食生活:主食

米を使った料理としては、日本でもメジャーなロコモコや、日本語の「おむすび」に由来するという、四角く握ったご飯にスパムや照り焼きなどが乗ったムスビがあります。

スシ(巻き寿司、いなり寿司)やベントー(弁当)もロコ料理として浸透しているようです。

麺を使ったものとして、ラーメンに似たサイミンや、米の麺を使った焼きそばであるチャウ・フンなどがあります。

ハワイの食生活:主菜

肉は鶏や牛を使ったものが多いです。

フリフリ・チキンはソースに付け込んだ鶏を焙り焼きにしたもので、屋台で販売されていることが多いようです。

かわいい名前ですが、フリフリとは、「くるくる回す」という意味を持つ擬態語です。

オックステール・スープは牛の尻尾を煮込んだスープで、香菜がたっぷりと使われています。

魚料理としては、生魚(主にサーモン)を使ったサラダであるロミロミや、オアフ島北部のカフク地方の名物であるガーリック・シュリンプがあります。

ハワイの食生活:スイーツ

元はポルトガルの料理であるマラサダは、揚げドーナツです。

プレーンの他にも中にグァバやカスタードのクリームが入っているものもあります。

アンダギは沖縄のサーターアンダギーと同様のもの、マナプアはいわゆる中華まんで、蒸したもののほか、皮を焼いたものもあります。

冷たいデザートも多種あり、フィリピン発祥のハロハロや、パウダー状のかき氷であるシェイヴド・アイス、杏仁豆腐のようなハウピアも人気です。

また、ハワイは果物も美味しいです。

赤く、香り高いアップルマンゴーや酸味のある小ぶりのアップルバナナなど、日本で食べられるものとはまた少し違っています。

まとめ

先住民の時代から受け継がれてきた伝統料理に加えて、移民たちの持ち込んだ新たな食文化が混然となったロコ料理には、ハワイの歩んできた歴史が垣間見えます。

関連記事

  1. ハワイのローカル料理!マラサダとは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

PAGE TOP