ポケ

ハワイの伝統料理「ポケ」のご紹介!

はじめに

ハワイにはさまざまな伝統料理が存在します。先住民から伝わった伝統料理は、素材の味などを生かした素朴である料理が多く、日本人の舌にもマッチするものが多いです。ハワイの伝統料理はとてもシンプルで、自宅でも気軽に作ることができるものも多いです。

そこで、ハワイの伝統料理として人気の「ポケ」についてご紹介したいと思います。

ハワイの伝統料理「ポケ」について

ハワイの伝統料理「ポケ」ですが、実際には英語風に「ポキ」と発音されることが多いです。ポキとはハワイの言葉で「切り身」を表す言葉で、古くから伝わる伝統料理です。現代では、魚介類などの切り身に、主に塩、しょうゆ、油、海草、香味野菜などを混ぜ込み、料理したものを指します。

ハワイでは、魚介類を生で食べる習慣があり、新鮮な魚を、このように塩で味付けし、野菜と一緒に食べるという習慣が昔からあったようです。

ポケは、日本の刺身などと似ていますが、しょうゆとワサビだけで味わう日本の刺身とは違い、ハワイは、塩、油などを用いるのが特徴で、玉ねぎやトマトなどとも合わせることも多いです。バリエーションも豊かで、魚介類以外の新たな食材が使われることも多いです。

鮭を、トマト、玉ねぎで和える料理である、ロミロミサーモンと似ているというのも特徴です。

ハワイの伝統料理「ポケ」の起源

ハワイの伝統料理であるポケの起源ですが、以前からハワイでは魚を生で食べる習慣があり、生魚を塩や海藻類と一緒に食べていたものですが、19世紀に、海外からの移民が増えるに従い、今のように変化していったといわれています。

主にアジア系移民の影響で、新たな食材、食べ方などが加わり、現在のようにしょうゆやネギなどが使われるようになりました。日本からの移民の影響も強く受けている伝統料理であるといわれています。

既に1970年代には、ハワイでも代表的な伝統料理であり、観光客にも親しまれています。

ポケは、レストランの付け合せなどでもオーダーすることが可能ですし、またプレートランチで一品としてついてくることも多いです。また地元のスーパーマーケットや鮮魚店などでも販売されています。

ハワイの伝統料理「ポケ」のレシピ

ハワイの伝統料理であるポケですが、自宅でも手軽に作ることができます。まず、新鮮な魚介類、または刺身などを一口サイズに切り分け、そしてごま油をまぶしておきます。その後、細かく切った海草、タマネギ、ネギなどをボウルで混ぜ、そして馴染ませていきます。

その後、ハワイアンソルト、または塩、そしてしょうゆ、ショウガ、ニンニクで味付けをします。

お好みでトウガラシなどをかけてもおいしいです。また、お好みでゴマなどをかけてもおいしく味わうことができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?ハワイの伝統料理であるポケですが、ハワイでは、レストランやプレートランチなどで手軽に味わうことができます。元々、ハワイでは生魚を食する習慣がありましたが、これは日本ともとても似ていますね。

新鮮な魚介類を、塩や油、そして海藻類と和えるというこちらのポケは、とてもシンプルで新鮮な素材の味を生かした料理になり、日本人の好みにもあう料理です。
また、ハワイでは、伝統料理として、宴会などにも出されることが多いです。

こちらのポケは、特別な材料や調味料なども必要なく、自宅でも手軽に作ることができますので、一度試してみてくださいね。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

PAGE TOP