ラウラウ

ハワイの伝統料理「ラウラウ」について!

はじめに

ハワイには、先住民から伝わる、さまざまな伝統料理が存在します。普段、あまり日本ではなじみがないかもしれませんが、ハワイに旅行した際には、ぜひこれらの伝統料理も味わってみたいものですね。

伝統料理と言っても、数多くの料理がありますが、ハワイの伝統料理である「ラウラウ」についてご紹介したいと思います。

ハワイの伝統料理「ラウラウ」とは?

ハワイの伝統料理である、「ラウラウ」ですが、こちらはタロイモ、そしてティの葉でつつまれている蒸し焼き料理となり、ハワイの郷土料理として古くから親しまれています。

ポリネシアには、よく似た料理では、牛肉を用いたもの、または、サモアにはウナギ、魚、エビなどを用いたものがあります。主に南国で食べられている伝統料理です。

はるか昔にはハワイには家畜がいませんでしたので、主に犬や魚が包まれていました。ハワイで最初に食べるようになったのは、犬であり、これはアジアから伝わった、と言われています。

その後、イギリスから牛をプレゼントされ、ハワイで牧場ができてからは、牛肉などのお肉が使われるようになりました。最初は階級の高いものしか食べることが出来ない料理だったそうです。今では気軽に庶民でも食べることができる伝統料理ですが、ラウラウは、現在においても、結婚式、誕生日などの宴会に出されることも多い国民的な伝統料理です。

ハワイの伝統料理「ラウラウ」のレシピ

まず、ハワイの伝統料理ラウラウの作り方ですが、タロイモの葉の中央に、お肉を乗せます。

これは、どんな肉、魚でも良いです。そして葉っぱの端の部分を歯に織り込んでいき、その後ティの葉で包んでいきます。

ティの葉ではなく、バナナの葉でつつまれることも多く、「イム」と呼ばれている、地中のオーブンにおいて焼かれることが多いです。これは、地面に穴を掘り作られる土の窯であり、熱い石などと一緒に地中に調理されます。しかし、自宅で作る分にはオーブンを使っても調理することができます。またハワイのお店でも、近年ではオーブンを使って作られていることが多いです。

昔、ハワイでは、電気がなかったので、このような方法で作られていたという歴史があります。

また、ラウラウは、ライスやその他のローカル料理などと一緒に、プレートランチで提供されることも多いです。

ハワイの伝統料理「ラウラウ」の美味しいポイントとは?

ハワイの伝統料理であるラウラウは、まずは口に入れると、肉汁が口の中に広がり、お肉の旨みがじっくりと味わうことができます。
また、かみごたえもあり、ぎっしりと詰まっているので、お腹もいっぱいになります。

また、葉は柔らかく、香り高く、そして風味があります。

この葉が肉に変化を与え、さらに味を良くします。
ラウラウは、非常にシンプルな味付けで、主に塩味のみとなりますが、包まれていることで複雑な味であるのがラウラウの特徴です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?伝統料理ラウラウは、ハワイに古くから伝わる伝統料理で、ハワイにおいては、宴会などのシーンによく出される料理です。タロイモで包まれたお肉料理は日本では味わうことが出来ない料理です。

作り方も簡単なので、気になる方はぜひ自宅でも挑戦してみてはいかがでしょうか。
また、ハワイでもラウラウを味わうことができるレストランが数多くありますよ。

関連記事

  1. ハワイの伝統料理『ラウラウ』のご紹介
  2. ハワイの伝統料理おすすめTOP3発表します!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

PAGE TOP