マラサダ

ハワイのローカル料理!マラサダとは?

はじめに

ハワイでは、たくさんのグルメを堪能することができます。美味しいレストランでお食事をするのも良いですが、ハワイのローカルフードなどもできれば味わってみたいですよね。ハワイにはいくつものローカルフードがあり、観光客の方も手軽にテイクアウトして味わうことができるものもたくさんあります。

中でもマラサダ、と呼ばれるローカル料理は、朝食としてもまたおやつとしても人気のローカルフードです!そこでハワイのローカルフードである「マラサダ」について詳しくご紹介したいと思います。

「マラサダ」とは?その由来

マラサダとは、日本におけるドーナツの様なもので、揚げパンのようなものになります。イースト菌で膨らませたパンをそのまま油で揚げ、そして味わうというものになります。中は空っぽであることもありますし、クリームなどが入っているものもあり、店舗によって異なります。

マラサダのお店は、日本でも徐々にオープンしており、少しずつ広まってきていますが、ハワイのお店では、「レナーズ」などのお店が有名です。

マラサダはその食感がとても美味しく、ジューシーで、そしてパンの味わいもありますので、とても腹持ちも良く、朝食でも、そしておやつとしても味わうことができます。
ハワイのお店では、常に大行列ができており、まとめ買いをされる方もいるんです。

マラサダは、ハワイ発と言うわけではなく、もともとはポルトガルから伝わったといわれています。その後ハワイにおいて、独特な形で変化をし、現在のように爆発的な人気となりました。

現在、ポルトガルではマラサダはほとんど食べられていませんが、ハワイにおいてはいまだ人気となっています。

マラサダの美味しいポイント

マラサダは、揚げパンのような味わいであり、とてもジューシーで、もちもちとした触感が美味しさのポイントです。とても柔らかく、くせになる味わいです。ドーナツが好きな方は特にはまるといえるでしょう。マラサダは、揚げたての状態はさくさくとしていて、そのサクサク感を味わいながらも食べるのがおすすめです。

マラサダの美味しい食べ方、アレンジ方法!

マラサダは、テイクアウトをすることができますので、これをアレンジして食べることができます。

たとえば、次の朝食に半分にマラサダを切り、目玉焼き、そしてベーコンを挟み、ハンバーガーにしてみたりするのもおすすめです。また、おやつとしてマラサダを食べるなら、たとえば、アイスクリームを添えてみたりして、デザートにするという方法もあります。色々なアレンジ方法があります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?ハワイで大人気となっているマラサダですが、揚げパンの様なもので、その食感などを含めとても美味しいローカルフードとなります。
またマラサダには、さまざまな美味しい食べ方がありますので、テイクアウトをして、自由に自分たちでアレンジをして食べることができます。

ハワイの旅行の際には、ぜひ一度味わってみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. ハワイの食生活とローカル料理

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

PAGE TOP