ポイ

先住民がもたらした伝統的なハワイ料理のご紹介

はじめに

ハワイ料理には、古来より伝わっている伝統料理と、移民の影響により定着していったロコフードがあります。

今回は、先住民の料理とも言える伝統的なハワイ料理をご紹介していきましょう。

ハワイの伝統料理

ハワイの先住民は、南方から来たポロネシア民族でした。

そのためハワイの伝統料理は、その人々の食生活が色濃く残っています。

テレビで、先住民の人々の生活を体験する番組を見ることが多いのですが、そのような時に目にする食事の内容として、イメージがしやすい内容となっています。

ポイ

まずは農作物としてもたらされた、タロイモの料理です。

ポイと呼ばれており、先住民の主食として受け継がれてきた伝統的と言えるハワイ料理となっています。

作り方はタロイモをすりつぶしてペーストにし、それを数日置いて発酵させて食べます。

長芋をすったものを想像すればイメージしやすいでしょう。

カルア・ピッグ

祝宴などのおもてなし料理として有名なのが、カルア・ピッグです。

先住民の人々は、おもてなし料理として家畜を丸焼きして客をもてなす事が多いようですが、伝統的なハワイ料理でも豚を丸々蒸し焼きし、ほぐして出します。

蒸し焼きする方法は、地中にイムと言われるかまどを作り、その中で石焼きします。

ポキ

一方、豊富にとれる海産物を利用した伝統料理としては、ポキが有名です。

日本で言う刺身料理のようなもので、マグロやカツオなどの切り身を味付けした料理です。

また、魚とともに豚肉や鶏肉を葉で包み、蒸して食べるラウラウもあります。

葉に包んで蒸す料理も、先住民の人々の調理方法としてよく見られる形式です。

ココナッツミルク

伝統的なハワイ料理に多用されているも食材のひとつに、ココナッツミルクがあります。

魚介類や肉類をココナッツミルクで煮込んで作るシチューは、ルアウと呼ばれています。

またココナッツミルクは、伝統料理のデザートにも利用されており、ゼリーや羊羹のようなお菓子として親しまれてきました。

まとめ

以上が伝統的なハワイ料理の主だった内容です。

現在ハワイで主流となっているロコフードとは趣が大きく違いますが、土着の風土を受け継ぐ伝統料理として、今もその形をとどめています。

関連記事

  1. 米国に統治される前のハワイ王国のハワイ料理と王国の流儀

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

PAGE TOP