ピピカウラ

ハワイの伝統料理「ピピカウラ」とは?

はじめに

ハワイには、先住民から伝わる伝統料理と言うものがいくつかあります。中には日本人にも馴染み深いものなどもあれば、あまり知られていない伝統料理と言うものも数多くあります。しかし、ハワイに旅行に来たのであれば、ぜひ伝統料理なども味わってみたいですよね。

そこで、ハワイに古くから伝わる伝統料理である、「ピピカウラ」についてご紹介したいと思います。ピピカウラとはどのような料理なのでしょうか。

伝統料理「ピピカウラ」とは?

ハワイの伝統料理である「ピピカウラ」は、日本人にはあまり馴染みがない料理かもしれません。中にはピピカウラと言う名前は、聞いたことないという人もいらっしゃるのではないでしょうか。

ピピカウラとはどういった料理なのかと言うと、ハワイで古くから伝わる、伝統的な干し肉料理となります。牛肉を天日干しし、その後燻製のようにしてある料理なのです。
気になるピピカウラの味というのは、どんな味なのかと言うと、コーンビーフや、サラミ、ビーフジャーキーなどの味に似ているといえます。

燻製の肉のようなものですが、少し違っているのが特徴で、ピピカウラの場合は、天日干しをしてある牛肉となります。

伝統料理「ピピカウラ」の由来と起源について

ピピカウラは、牛肉を天日干ししたものですが、ハワイには元々は牛がいなかったのに、伝統食となっているのに疑問を持っている方もいらっしゃると思います。

まず伝統料理であるピピカウラの起源ですが、18世紀の後半に、イギリス海軍の探検隊がハワイに到着し、その際にカメハメハ大王に、牛をプレゼントしたのが始まりである、とされています。

その後、この牛を育て、商売をするようにアドバイスされ、その時から、現在のハワイの牧場の歴史が始まったのです。

牛肉はハワイアンの食文化の一つであり、ハワイには当時から、いくつもの牛の牧場があります。
これらの牛の肉を、保存しながらも長く食べ続けるために考案されたのが、こちらのピピカウラという伝統食なのです。

ピピカウラの美味しいポイント

ピピカウラは、牛肉の燻製のようなものですが、これを塩漬けにされており、味わいはビーフジャーキーなどにも似ています。同じハワイの伝統料理である、カルアピッグ、または包み焼きなどにも食感は似ていますが、どちらかというと、ピピカウラの方が柔らかい味わいであり、ジューシーであるのも特徴です。

シンプルな味わいで、塩気のみなので、ヘルシーに食すことができるのも特徴です。

噛むたびに、肉の旨みなどを感じることができるのも美味しいポイントですね。
ピピカウラは、ハワイにおいての宴会や、または、オードブルとして、出されることが多いです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?ピピカウラは、ハワイの牧場の歴史とともに、受け継がれてきた古くからの伝統料理となります。

その味わいは、ビーフジャーキーなどにも似ていて、柔らかくてジューシーな味わいと言うのが特徴です。噛みごたえがあり、肉のうまみを実感することができるのも美味しいポイントですね。

ハワイ旅行の際に、伝統料理を食べてみたい、というのであれば、ぜひこちらのピピカウラも味わってみてくださいね。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

人気の投稿とページ

PAGE TOP