スパムむすび

ハワイに行ったら是非食べるべき現地のロコ料理

はじめに

ハワイは周囲を海に囲まれた陸続きのない島ですので、そんな島内だけで完結されているローカルフードがたくさん存在しています。

ハワイには移民が多いという経緯もありますので、様々な国・地域の特色が合わさったような食事が多いです。

また、ハワイの黎明期における外食産業には沖縄出身者が多かったということもあり、様々な国・地域の中でも特に沖縄料理の特徴が全面的に押し出されています。

ロコ料理定番のロコモコ

この記事ではそうしたロコ料理について幾つか紹介していきたいと思います。

まずハワイの伝統的なローカルフードと言えば、なんといってもロコモコでしょう。

白いご飯にハンバーグと目玉焼きを乗せた、ハワイのソウルフードとも言える一品です。

日本でも食べることはできますが、やはり現地で食すロコモコは格別だと言えましょう。

ロコモコに次ぐスパムむすび

当然ながら、ハワイのローカルフードはロコモコだけではありません。

ロコモコに次ぐソウルフードと言えば、シンプルさが売りのスパムむすびでしょう。

スパムむすびとはその名の通り、おむすびに焼いたスパムを乗せたお手軽フードです。

イメージとしては、おむすびというよりもお寿司に近い感じがあります。

このスパムむすびには驚くべきポイントがあり、なんと現地ハワイにおいても「スパムむすび」と日本語で呼ばれているのです。

沖縄出身者が多かったという黎明期の影響を多分に受けているローカルフードだと言えます。

丼モノのベントー

そのように日本の影響を受けているローカルフードは他にもあって、それはベントーと呼ばれているものです。

お気づきの通り、弁当が由来になっているその食べ物は、ご飯の上に揚げ物や肉類を大雑把に乗せる、いわゆる丼モノの派生です。

ただ、丼に盛られることはあまりなく、それこそ弁当箱のようなプレートに盛られることが一般的です。

まとめ

このように、ハワイには伝統的な料理が、それも日本の影響を受けているロコ料理がたくさんあります。

ハワイを訪れた際には是非、そうしたローカルフードを食べてみてください。

関連記事

  1. ハワイのローカル料理スパムむすびのご紹介!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

PAGE TOP