チキン・ルアウ

ハワイの伝統料理「チキン・ルアウ」とは?

はじめに

ハワイには、先住民から伝わる、数々の伝統料理があります。

はるか昔から伝えられた料理には、今もなおハワイの宴会や、めでたい席などで出されたりすることも少なくありません。

ハワイの伝統料理は、素材の味を生かした素朴な味わいのものも多く、日本人の舌にマッチするものも非常に多いのです。
ハワイに旅行に出かけた際には、これらのハワイの伝統料理を味わってみるのもおすすめです。

そこで、ハワイの伝統料理である、「チキン・ルアウ」について今回はご紹介します。

ハワイの伝統料理「チキン・ルアウ」とは?

ハワイの伝統料理である「チキン・ルアウ」という料理について聞いたことがある方はいらっしゃるでしょうか。ハワイの料理と言うと、ロコモコ、またはマヒマヒなどは割と有名ですが、チキン・ルアウはもしかすると、聞いたことがない方や、イメージしにくい方もいらっしゃると思います。

チキン・ルアウとは、名前の通り鶏肉のチキンを使った料理です。

さらに、チキン料理と言っても、まずはココナッツミルク、そして、タロイモの葉を煮込み、シチュー状にします。そちらにチキンを入れて煮込んだものになります。味付けは塩のみでとてもシンプルなのが特徴です。こちらのタロイモの葉をルアウと呼びます。

また、こちらのチキン・ルアウには、実は使われているのはチキンだけではありません。

数々のレパートリーがあり、イカを使ったものもあります。こちらは、スクイッド・ルアウと呼ばれ、人気があります。
ハワイでは、レストランでもオーダーをすることが可能ですし、地元民が訪れるスーパーマーケットや、鮮魚店などで購入することも可能な、ローカルでも人気のお店です。

ハワイの伝統料理「チキン・ルアウ」の美味しいポイント

こちらのハワイの伝統料理であるチキン・ルアウですが、チキン以外にもイカを使ったものや、または豚のモツを使ったものがあります。

ハワイでは、もともと家畜が存在しませんでしたので、以前まではイカなどの海鮮物が使われていました。
しかし、肉が伝わってからは、鶏肉や、豚肉を使うことが多くなりました。

タロイモの若葉と共に煮込んだシチューは、ココナッツの香りとココナッツの風味で非常にまろやかで、南国ハワイならではの味わいがあるのが特徴です。

また、煮込まれているチキンはとても柔らかくジューシーで、ココナッツのシチューと非常に良く合います。素朴で自然な味は、日本人の舌にもマッチし、違和感なく食べることができます。

「チキン・ルアウ」のレシピ

ハワイの伝統料理、チキンルアウですが、材料さえ手に入れば、自宅でも作ることが可能です。まずはタロイモの葉の芯をとりのぞき、そしてクタクタになるまで煮ます。タロイモの葉は毒性がありますので、しっかりと火を通すということが大切です。タロイモの葉はチクチクとしているのが特徴です。最初にしっかりと洗うことが大切です。

また、その後、ココナッツミルクをカップ2ほど鍋の中に入れ、鶏もも肉、そしてハワイアンソルト、またはなければ塩をいれます。

その後、鶏もも肉が柔らかくまで煮続け、とろみがつけば完成となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?ハワイの伝統料理である、チキン・ルアウですが、チキンとココナッツを煮込んだシチューであり、日本ではあまり食べることが出来ない伝統料理です。

しかし、材料さえ手に入れば、簡単に作ることができます。

また、ハワイでもレストランや、スーパーなどで味わうことができます。もしも食べたことがないという方は、ぜひ食べてみてくださいね。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

PAGE TOP